財布にこだわりが無いぼくが abrAsus「薄い財布」を買った理由

財布にこだわりが無いぼくが abrAsus「薄い財布」を買った理由

HOUSEWARE

ぼくは小学生の時から“財布を買う金、財布に入れとけ”を座右の銘として生きてきました。

今まで使ってきた財布は、当時付き合っていた彼女のお下がりとか、母親が買ってくれた 1,000 円くらいの安財布とか、雑誌の付録とかそんなもんばかり。全くこだわりがありません。

ただお金を入れておくだけの道具にどうしても特別な気持ちを持てないし、財布のブランドで人格を決め付ける風習も苦手でした。他人がどんな財布を使ってようがどうでも良いし、ぼくがどんな財布を使ってようがお前らには関係ないだろ! ……そんな風に生きてきたのです。

そんなぼくが! ついに! 自らの意思で財布を買ったのです!! 他人のみなさんにはどうでも良いことでしょうが、ぼくにとっては大事件。

ということで、この事件を未来永劫忘れることがないよう、ここに財布を購入するに至った経緯と購入後の感想を記しておきます。

財布が邪魔だったから財布を買う

なぜ財布を買ったのか。それは財布が邪魔だったから。

じゃあ財布を持たなければいいんじゃね? ……それな。めっちゃ分かる。今時クレジットカードとスマートフォンさえあれば現金を持つ必要は無いですもんね。

でもいろいろと事情があって、どうしても現金を持たなくちゃいけない。現金を持つということは財布が必要。でも財布が邪魔。じゃあどうする?

ぼくが出した答えは「邪魔にならない財布を買う」でした。もうこれっきゃないよ。

買ったのは abrAsus の「薄い財布」

で、調べました。インターネット中を駆け回ってどんな財布がいいか探しました。

はじめはマネークリップとコインケースで現金を管理しようと考え、試しに 1,000 円くらいのコインケースだけ購入してみたのですが、なんとたった 2 日で使わなくなってしまいました😂 ぼくの場合、財布 1 つですべてが完結するような仕組みでないとダメみたい……。ああ、怠惰……。

で、結果として無難なのではと選んだのが abrAsus の「薄い財布」でした。

インターネットの人がよくオススメしてるので既知の存在ではあったのですが、わりとガチめに評判が良さそうだったので購入候補に。

色々調べてみると、数ある薄い財布の中でも最薄レベルであること、軽量かつ小型であること、そして小銭やお札、カードをまとめて管理できるということが分かりました。

価格も 15,000 円ほどと手が届かないこともない……! 財布を邪魔に感じるストレスと天秤にかけつつ Amazon でポチー!!

abrAsus 薄い財布のデザイン

で、届いてから数日使いましたが、とても良いです。ほんと邪魔にならない。うすうす。

お札を入れた abrAsus 薄い財布

お札もちゃんと入る(当たり前)し、出しやすい。入れやすさはちょい微妙だけど出てくことの方が多いからまあ良し。

abrAsus 薄い財布の小銭入れ

小銭入れもちょっと窮屈だけど、買い物時の釣り銭コントロールでなんとかスッキリした状態を維持できています。小銭が多いとモコモコしてかっこ悪くなるのと、慣れるまで小銭を落っことしそうになるのにさえ気をつければ問題無し。

カードを入れた abrAsus 薄い財布

カードは大事なものだけ数枚持つことにしました。今入ってるのは保険証、社員証、ふつうのクレジットカード、Kyash リアルカードの 4 枚です。

とにかく薄い abrAsus 薄い財布

で、この薄さ。サイコー! これなら邪魔にならない!!

尻ポケットに入れてもかさばらないし、軽いぶん荷物が減った感もあってとても気分が良い。

鍵も入る abrAsus 薄い財布

隠しポケットに鍵などを入れられるのもグッド。キーケース要らんやん! ……でも失くしそうだからやっぱかわいいキーケース欲しいな。

小銭を持たない暮らし方もあるけれど

ぼくの友だちで現金をお札でしか持たず、お釣りでもらった小銭はその場で募金箱にダンクするという“小銭持たないスタイル”を実践していた人も居ました。

彼が現在もそのスタイルを貫いているのかは分かりませんが、突き抜けられるならそれもアリです。

ぼくはそれができないから間をとって邪魔にならない財布を買ったというわけです。

いつか全ての支払いがモバイル決済で完結する世界が来ること願いつつ、今日もぼくは abrAsus を片手に街を歩きます。ありがとう、abrAsus! 良い買い物でした!!

薄い財布 abrAsus
薄い財布abrAsus
ウェア&シューズ
14,800円